カンジダ症に関する基本情報。カンジダ症発症後の正しい対処法まで。

自分の股間を押さえる女性

男性でも、女性でも性器に関する病気は恥ずかしいと思ってしまうでしょう。よく性行為により、細菌やウイルスが感染して起こるものです。

その他にももともと細菌やウイルスやカビがいるケースもあります。そんな中にカンジダ症があるのです。

カンジダ症が発症するのは

カンジダ症は、男性でも女性でも起こる病気です。割合としては、男性よりも女性に起こりやすい病気と言えます。患者数も女性の方が多いのです。

もともと、カンジダ症の原因であるカンジダはカビであり、体の中にあるのです。それが免疫力の低下などにともない、発症してしまうのです。

一般的には、性器に発症しますが、口などでも発症することもあります。

カンジダの症状とは

その症状としては、男性と女性で変わってきます。カンジダ症の発症の多い女性から見ると、性器に白いおりものか付着するようになります。また、性器にかゆみがでていたり、痛みなどを伴うこともあります。

あと性行為の最中にも痛みをかんじることもあります。また排尿にも障害がでてきます。例えば、残尿感が残りやすくなったり、尿が出にくくなるといったことがおこります。

男性の場合には亀頭周辺が赤くなったり、白くかさかさしてきたり、ただれがおこるといったことがあります。見た目にも、通常時と異なってくるのですぐにわかるでしょう。時には尿道炎へとなることもあります。

あと男性でも女性でも、口のなかや喉で、白斑がでたり、皮がめくれるといったこともあるのです。

発症したらどうしたらいいのか

もともと体にあるカンジダ菌により起こる病気です。確かに性器だと恥ずかしいですし、デリケートにもなりますが、早めに治すことが大切です。

やはり泌尿器科へと行くようにしましょう。