妊娠中のカンジタ症は赤ちゃんに移りますか?妊娠中のガンジダ腟炎、赤ちゃんに影響は?予防方法は?

自分のお腹を見つめる女性

赤ちゃんを身籠もると、女性の身体には様々な変化が現れます。ストレスも溜まり、体が痛くなったり、不調を訴え、免疫力が低下している時に発症しやすいのが、ガンジダ腟炎です。

妊娠期間中はホルモンバランスの影響により、腟内が酸性からアルカリ性に傾くため、特に発症しやすくなり、強い痒みを伴ったり、発疹や陰部が腫れてしまったりと、症状も様々です。

デリケートな場所なので相談もしずらいですよね。特に妊娠中は赤ちゃんへの影響が心配です。ガンジダ腟炎に感染したまま赤ちゃんを出産してしまうと、産道を通る時に感染し、舌に白いカビが生える鵞口瘡やガンジダ皮膚炎を発症する場合もあります。

このガンジダ皮膚炎は、おむつかぶれに似ていますが、膿を持ったブツブツや水ぶくれができる程症状も酷く治りも遅いので注意が必要です。

ですが、ガンジダ腟炎が直接お腹の中で赤ちゃんに感染する事はありませんので、妊娠期間中に母親が完治していれば心配はいりません。

万が一、感染し発症してしまった場合には早めに医者にかかり適切な処置をしてもらいましょう。また、ガンジダ腟炎にならないための予防方法をいくつか紹介します。

規則正しい生活

ガンジダ腟炎の原因として、免疫力低下が挙げられます。これは妊娠中だけではなく、一般女性も同じですが、早寝早起きをし、ゆっくり体を休ませ体力をつける事が大切です。

バランス良い食事

栄養が偏りがちだと、やはり免疫力低下に繋がってしまいます。妊娠中は、お腹の赤ちゃんの事も考え特にバランス良く食事をしましょう。

ガンジダ予防には、乳酸菌を摂り腸の善玉菌を増やす事が大事と言われていますので、ヨーグルトなどがオススメです。

清潔にする

妊娠中は、おりものも出やすくなりますが、そのままにしておくと、ガンジダ腟炎に繋がってしまいます。特に冷やしてはいけないと思い、厚着をする事で通気性が悪くなり群れやすくなってしまいますので、こまめに下着を替えながら過ごしましょう。

ガンジダ腟炎は、完治しても再発しますので自分の体調や、身体の様子を見ながら免疫力が下がらないような生活をしてくださいね!出産までには、必ず治しておきましょう。

コメントを残す